FC2ブログ

HOME > FX

現在のポジション。

9/22(月)

【現在のポジション】
保有中  USD/JPY 買い  105.91   9/19
保有中  EUR/JPY 買い  151.53   9/19
保有中  GBP/JPY 買い  190.02   9/19
保有中  EUR/USD 買い  1.4252   9/19

追加注文

保有中  USD/JPY 買い  106.40
保有中  EUR/JPY 買い  154.62
保有中  GBP/JPY 買い  195.23
保有中  EUR/USD 買い  1.4493
保有中  GBP/USD 買い  1.8312


相場解説

本日朝の窓は下に開きました。ただ今週はクロス円は軒並み上げと予想していましたので、押し目で買って行きました。1時間足のみを今回使用し、下ヒゲもしくはクロスが出た次の時間の始まり値で買い増ししています。



ヒゲ

ヒゲとは、ローソク足チャートにおいて、上下に伸びている細い線のこと。
ローソク足は実体線と呼ばれる太い部分とヒゲと呼ばれる細い線で成り立っている。上に出ている線は上ヒゲ、下に出ている線は下ヒゲといい、上ヒゲの先端は高値を、下ヒゲの先端は安値を示す。長い上ヒゲは、値が急激に上昇して急落した様子を示しており、値が天井を打った有力なサインとして知られている。逆に、長い下ヒゲは、株価が急落して急反発した様子を示しており、値が底打ちした有力なサインと言われている。


クロス十字線

ロウソク足はその期間の始値と終値により、ロウソク足の形が決まりますが、始値と終値が一緒の値だった場合は胴体のないロウソク足となります。これを見た目から「十字線」と言います。どうして相場の転換期を示すのかというと、始値と終値が一緒だということは「買いたい人」と「売りたい人」のバランスがちょうどよくとれている状態となります。下落を続けてきたがこの拮抗した状態にはいると、買いたい人が増えてきた証となるので、下落から上昇に転じる可能性が出てきます。また逆に上昇を続けこの状態になると売りたい人が増えてきた証となるので上昇から下落に転じる可能性が出てくるというわけです。
十字線には3種類ありますが、どれも意味合いは同じで相場の転換期を探る指標となります。
十字線(寄付き同時線)のタイプ
足長十字線:買いと売りが拮抗  +
トンボ:下値を探ってから拮抗    T
トウバ:上値を探ってから拮抗  ⊥
特に底値付近でこの十字線が現れた場合には上昇する確率が高くなり、頂上付近でこの十字線が現れた場合には下落する確立が高くなります。





スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://sakurawosakaseru.blog43.fc2.com/tb.php/10-a6f28461

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】